昨今のゲームに対する姿勢について考えた(World for Twoをプレイして)

どうも。

ついこの間、久しぶりにスマホでゲームをプレイした。

「World for Two」というインディーゲームだ。

“しんいち”という方が開発している。

しんいち@World for Two

私は以前からアカウントをフォローしており、リリースされるのを心待ちにしていたので、ようやくプレイできると喜んだ。

さて、既にクリア済みなので早速プレイした感想やおすすめポイントなどを紹介したいと思う。

 

アンドロイドが遺伝子研究で世界を救う?

“博士”によって生み出されたアンドロイド、これが主人公だ。

アンドロイドを操作して、様々な生物を生み出していくのが目的のゲームである。

生物の生成方法は?

それは、DNAや遺伝子を組み合わせて合成することで作ることができる。

どうやら博士以外の生物は皆死んでしまったらしい
博士は世界を救うべく生物の生成を考えているようだ
アンドロイドも研究に協力をすることになった

この世界最後の生物である博士に頼まれて、アンドロイドは生物の生成を開始するのだった。

原始生命体の遺伝子2つを掛け合わせる

研究所で作ることができる遺伝子「原始生命体」を2つ掛け合わせると、

アメーバ

「アメーバ」が誕生した。

ここから、生物作りが始まる。

生物図鑑

ネタバレになるかもしれないが、メニューから生物図鑑というものを見ることができる。

一番左がアメーバ。始まりの生物だ。

そこから色んなDNAや遺伝子を掛け合わせていくことで、生物のジャンルが増えていく。

遺伝子は研究所で作れるが、DNAは生み出した生物から採取しなければ手に入らない。

DNA構造を理解しないと採取できない

生まれたばかりの生物のDNAにはロックがかかっている。

DNAの構造を理解しないと採取できないので、簡単なパズルを解くことになる。

DNAの組み合わせを当てるパズル

下のDNA構造に合う、もう半分を探すパズルだ。

右下にヒントがあるが、赤と青、黄色と緑が合わさるようなものが正解となる。

赤と青が綺麗に組み合わさっている

正解すれば、DNAを採取できる。

DNAを採取すると生命が削られる

さて、DNAを採取すると、生物のハートのゲージが減るのがわかる。

DNAと共に削られる生命。

生命消滅の瞬間

同じ個体からDNAを3回採取すると、死んで消えてしまう。

儚い生命だ。

だが、次の生物を生み出すためにはしかたない。

DNAを採取し、遺伝子と組み合わせて新たな生物を生成。

これを繰り返して、より高度な生物を作るのがこのゲームの流れだ。

 

World for Twoの魅力

まず、ピクセルで描かれる繊細なグラフィック。

不思議な構造物があちこちにある

嵐が通り過ぎたあとのような爽やかで、どこか寂しい空気を感じる世界観は、プレイヤーの目を惹きつける。

 

そして、キャラクターのビジュアルも美しい。

ドット絵ならではの味わいのあるフォルムだ。

このビジュアルを生かして、グッズも制作された。

さらに音楽も素晴らしい。

穏やかで心地のよい、それでいて物悲しさも感じられる音色。

サウンドトラックも発売中だ。

今もこれを聴きながらブログを書いている。

これを聴きながら寝れば安眠できるだろう。

 

クリアしての感想

さて、プレイしてみた感想だが、非常によかった。

生物の生成は一筋縄では行かず苦戦もあったが、それで生み出せたときの感動はひとしおだ。

雰囲気も素晴らしいが、ただの雰囲気ゲーではないのも、プレイヤーとしては嬉しい。

やはりゲームはゲーム性がないと。

クリアするまで結構かかったが、これくらい十分に楽しめたし、これが無料だと少しもったいない気がした。

 

プレイに「楽」を求める昨今のプレイヤーに関して

このゲームの評価は現在、app storeで星4.7だ。

1,670件のレビューでこの数字。

なかなか見ない高評価だ。

だが、低い評価をつけている人のレビューを見ると、

「何回も生成とDNA回収を繰り返すのが面倒」

「おつかい作業ゲー」

と書かれたものもあった。

最近はゲームのプレイヤーが子どもよりも社会人の方が多くなってきていると思う。

小さい頃、ゲームのキャラクターに色んなことを頼まれておつかいをさせられても、何の疑問も文句もなくこなして楽しんだものだ。

本来ゲームは困難や面倒なことを乗り越えることを楽しむものではないのか。

いいキャラクターを手に入れるためのガチャシステムも好きではないが、レベル上げが面倒だというユーザーに向けて「放置系」が出てきたときには、私は戦慄したものだった。

社会人が忙しいのは分かる。

だが、そこまでしてゲームをやって楽しいのだろうかと考えてしまう。

だんだんとユーザーの民度が下がってきていると感じる。

ゲームは遊びじゃないんだ、という言葉をどこかで聞いた気がするが、本当だと思う。

ゲームは本気で夢中になって、自力でやりきるからこそ楽しいはずなのだ。

と言っている私も、作業ゲーは得意ではない。

私も毒されているな、と、このゲームのレビューを見て気づかされた。

ゆっくりでいいからコツコツと楽しんで欲しい。

 

ではまた。