別れはやはり悲しいものだ

昨日が今の職場の勤務最終日だった。

数日前までは泣かずに済むかも、なんて思っていたのだが、前日に寂しさを感じるようになり、今日は結局涙してしまった。

一昨日寂しくなったきっかけは、座席表が更新されたことだった。

新しい人が入社し、編集された座席表を見て、

「私がいなくなったら、ここからも名前が消えるのか。」

と、考えた。

最後の日なので、不要な書類を処分し、会社から支給されたものを返却し、私物を袋に入れた。

そうすると、私のデスクは私の存在感を失って、誰のデスクなのか分からなくなった。

ここには私の痕跡はもう残らないんだなぁ、と思うと、何だか自分の遺品整理をしているようだった。

死ぬ前もこんな感じなのだろうかとふと考えてしまう。

餞別ということで、お菓子を渡しながら一人一人お世話になった人に挨拶をして回った。

すぐに涙が込み上げてきてしまい、ありがとうございました、と言うので精一杯だった。

私はこの場所と人が意外と気に入っていたのだった。

イライラすることもあったけれど、楽しいことも多かった。

次の職場では、こんないい出会いはあるのだろうか、と不安になる。

でも決まっているので行くしかない。

希望を持って行こう。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です