気分屋の私が目標を達成する為に心がけたこと

どうも。

 

前回、Webクリエイター能力認定試験を受けた記事を書いたが、

www.sawaiyu.com

試験を受け終わってから、気力がなくなってしまったようだ。

私は努力は苦手だが、何か明確な目標に向かうことは割と好きで、資格を取るというゴールに向かってコツコツ勉強をするのは楽しかった。

だがそれが終わると、何かやるぞ!という気持ちがガクっと落ちる。

以前、簿記3級を受けた後にも同様に無気力になった。

今回もまた回復するまで時間がかかりそうだ。

 

 

ところで、元々気分屋でなかなかやる気の起きない私が、どうやって資格勉強を乗り越えたか、という話をしよう。

 

私は学生時代、特に高校時代はほとんど勉強をしていなかった。

テストの点数は苦手な科目は赤点ギリギリ回避するレベル。(結局赤点になることは一度もなかったが本当に危うかった。)

理由はシンプル。やる気が出なかったからだ。

志望する学部は美術・デザインで、受験で必要なデッサンは画塾に通っていたので上達したし、学科の試験はそこまで重要ではなかったので、勉強する意味が分からなかった。

勉強よりも、部活や学校行事に真面目に取り組んでいた。

そんな私が、資格の勉強を始めて身につけることができた。

それは何故だろう、と自分なりに分析してみた。

 

  1. 「何のためにするのか」を考える。
  2. やる気を待たず、まずやってみる。
  3. できない日はできないで諦める。
  4. 締め切りを作る。

こんなところだろうか。

1.漠然と勉強を始めるのではなく、「この資格を取ってWebデザイナーとして転職する」など、資格をとった先を明確に考えると、「これはやっても時間の無駄だ」とか「何のためにやっているのか」と悩まなくて済むと思う。

2.やる気は待っていてもこない。(ごく稀にくるかもしれないが。)やる気を待つより

まず机に向かい、テキストを広げる。始めてみると意外と集中して取り組めたりする。

3.勉強を始めても、結局集中できない日もある。体がだるかったりどうしても観たい映画やドラマがある日もある。そういう日はもう諦めて休む。私は長いと5日ほどサボってしまうこともあったが、心の回復を待つとそこからまた頑張れる。

4.締め切り、期限がないと「いつか取りたい」と思ったまま時間が過ぎてしまう。試験を受けるなら思い切って申し込んでしまおう。

 

 

ではまた。

 

「やる気はあるのに動けない」そんな自分を操るコツ [ 児玉 光雄 ]

価格:1,296円
(2018/10/26 22:13時点)
感想(0件)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です