来来亭の旨辛麺を食べてみた

どうも。

 

今日は少々辛いものが食べたい気分になり、帰りにコンビニでこれを購入した。

f:id:sawai-yu:20181008232802j:plain

来来亭 旨辛麺。」

 

旨辛、という言葉は曖昧な表現だと私は思う。

辛さがピリ辛なのか激辛なのか、食べてみないと分からないからだ。

私は辛いものがそこまで得意ではなく、ピリ辛より少し辛さが強いくらいが好みだ。

ヒーヒー言うくらいの辛さは求めていない。

そこまで辛いと舌がしびれて、味などまともに感じられない。

 

ということで、どれくらい辛いのか挑戦してみた。

※ブログに書くことを想定していなかったため、写真はないがご了承いただきたい。

 

蓋を半分開け、粉末スープと調味油を取り出し、湯を注ぐ。

蓋の上に粉末スープと調味油をのせ、5分待つと完成だ。

出来上がった時点で、

「あ、この匂いはすきじゃないな」

と感じたものの、実食。

 

結果的には、あまり好みの味ではなかったし、辛さも少し強すぎた。

水がないと食べられない。

辛さはともかく、味と香りは今まで食べたラーメンのどれにも似ていない独特のものだった。

 

うーん

リピートはないな、というのが率直な感想だ。

 

 

そういえば、7月にこの来来亭旨辛麺の「辛マシ」という商品が、数量限定で販売されていたらしい。

これよりも辛いものがあったのか…。

f:id:sawai-yu:20181008234301j:plain

 

私はもう挑戦しないが、興味のある方はぜひ。

 

ではまた。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です